母子家庭シングルマザーの節約生活|生活保護、仕事や住宅等 ⇒ 生活費と節約
 ■年間50万円は貯まるチリ積も節約術
 ■すぐできる節約生活のきほん
 ■超お得!80円元気おかず
母子家庭になっても母親だけの収入で生活している家庭はたくさんあります。
きちんと養育費を入れてくれる元旦那さんもいれば、最初の数回以降は全く養育費をくれなくなった元旦那さんもいるでしょう。

母子家庭になると免除されるものや助成されるものなどいろいろな制度がありますが、そればかりには頼っていられないというのが本音ではないでしょうか?

子供が大きくなって進みたい道があったときに快く行かせてあげられるように少しは貯金しておかないと心配ですね。

貯金ってなかなかたまらない。しかも貯金しようと意気込むほど気持ち的に苦しくなってくるものです。
何を節約すればいいの?とかこれ以上何を削るの?とか悩んでしまいますよね。

地道な節約のほかに「つもり貯金」ってどうでしょうか?
例えば「アイス食べたいな」と思ったら食べたつもりでその分の金額を貯金箱へ。
毎回だとおもしろくなくなってしまうので3回に1回くらいはアイスを食べる。みたいな感じでどうでしょう。

タバコを吸う方なら吸ったつもりで貯金。1本約15円ですよ!
15円くらいと思っても塵も積もれば山となります。
税金なども控除されたり免除されて予定より浮いた分は払ったつもりで丸々貯金していけば、意外と貯金できるものです。

めんどくさいと思ったりつらいと思うような節約はなかなk続かないと思いますが、楽しく遊びながらのような感じだと節約も苦にならないと思います。
夏の暑い日はエアコンつけて家にいるより公園で水遊びとかスーパーでお買い物しながら
涼むなどしたり、冬のように寒ければ体を動かす遊びをしてあたたまったり!
暖房ガンガンにするより動いて体を温めれば最小限の暖房でも余裕です。
なんでもかんでも値上がりの時代ですから小さいことでもコツコツと節約するほうが賢いですよ!
貯金がたまってくると節約も楽しいものに思えてきますから苦にならない程度に節約に励んでみてください。


就職のために資格を取ろう│ 生活費と節約 │シングルマザーの収入と生活費
母子家庭だからといって暗くなる必要はないですよね。
離婚できて未来がバラ色の方もたくさんいるのではないでしょうか。
確かに母子家庭ですと収入の面ではちょっとキツイこともあります。
でも母子家庭を優遇してくれる制度もありますので住宅など安く借りれたり申請すれば免除されるものもあるので少しは気が楽になりますよね。

子供が大きくなってくると学費以外にもいろいろな出費が増えてきます。
部活動をすれば道具を買ったり遠征に行くとなれば費用がかかったり・・
それに対して「お金がないから行かせてあげられないわ」とは言えないですよね。
なので今から少しずつでも貯めていけるように節約生活をしましょう。
「節約」と思うと貧乏くさかったりめんどくさそうだったりしますがそんなことはないんですよ〜
節約生活も子供と楽しみながらやれば苦にもならず楽しいものです。

お風呂でもお湯の中にお湯入りのペットボトルを浮かせれば嵩増しすれば水道代も節約!子供が小さいうちならたくさん浮かべたペットボトルもおもちゃに早代わり!何個かのペットボトルに穴をたくさん開けて水遊びができちゃいます。
シャワーの代わりにもなるかも!
お風呂の残り湯だって洗濯に使えばすすぎの分だけの水道料でOK!
拭き掃除にも残り湯は使えるし水道代を節約するならこういう小さいことからコツコツと!

ママがお休みの日には子供と一緒に1週間分の食事の下準備を!
揚げ物は粉やパン粉をつけて小分けにして冷凍。
仕事から帰ってきて焼くだけ、揚げるだけ、レンジでチンするだけの状態にしておけば時間の節約にもなってママもイライラしなくて済みますよ。
今まで働いていなかった人がフルタイムで働くと疲れも溜まるしイライラしやすくなるものです。
毎日明るく楽しく過ごすためにはイライラは遠いところへ飛ばしてしまおう!

また悩みを共有できる母子家庭同士の交流で節約の仕方を教えあったり、愚痴をこぼしたりするのもイライラを遠ざけ楽しくいられる手でもありますよ。
節約生活も意外と楽しいものですよ。
光熱費が少しでも減ると嬉しくなります。
もっと節約生活するぞーーー!って気になるものです。
お金がなくてもあっても子供と楽しく毎日明るい家庭を築いていけますように!

母子家庭でも安心の住宅探し│ 生活費と節約 │シングルマザー再婚するときの悩み
母子家庭の方は毎月最低限の生活をされているかたが多く、自由に使えるお金なんてほとんどないような状態です。
なので母子家庭の大黒柱でもあるシングルマザーはとっても節約上手な方が多いんですよね〜。
裕福な人には「え〜!そんなことするの?」って思うことも母子家庭ではごく普通で当たり前!そうやって子供も自然に節約術を身につけ賢くたくましく育っていくんです!!

どれだけの収入を得ても節約することはいいことです。
節約とケチは違いますよ〜!
まだ子供が保育園に通っているのであればお昼の食事はかかりません。
自分が仕事に行くときはお金がかからないように手作りで。
学校へ行くようになっても給食費や学校教材など低所得世帯ですと減額や全額免除になったりする制度もありますのでそういうものは利用しましょう。
そこでも節約になりますよ。

食費はなるべくかからないように!野菜は捨てるところがないといわれるくらいほとんどが食べられます。
大根やにんじんの皮だってきれいに洗えばキンピラに!安いもやしも大活躍♪
光熱費も節約に励もう!冷蔵庫は開け閉めの回数は少なめに!
小さいことでもコツコツと節約することによって大きな貯蓄になるものです。
それで節約して貯めた分は子供の将来のためにとっておこう!
これ以上どうやって節約したらいいんだろう?って悩むこともあるでしょうがネットで節約生活している人のお話を見たり新聞などで節約の記事を読むと「こんなことでも節約になるんだ」ということが多々あります。
子供と楽しみながらだと節約生活も案外楽しいものらしいですよ。

友人は自分の収入だけでなんとか暮らしていけるということで児童扶養手当は使わずに貯蓄しているとのこと。
車の税金を払うときは使うときもあるようですが他は手をつけずに子供が将来大学に行きたいと言ったときのために大事に通帳の中へ。
悩まずに前向きに明るく進んでいこうと思っていると言ってましたね。
母子家庭でも頑張れ〜!
節約も面倒だと思えば面倒だけど楽しいと思えば楽しくできるもんですよ。

上手に節約して結婚生活を送っていたときより充実した日々をすごそう!


補助や助成金などの制度を知っていますか?│ 生活費と節約 │母子家庭で生活保護を受けるためには
離婚や死別などの理由により子供と一緒に母子家庭として生活していく場合、補助が受けられる場合があります。
都道府県や市町村により異なる場合がありますので、各行政機関へ問い合わせてみてください。
生活保護や児童扶養手当などと同じように、こちらから聞かないと教えてくれないのが役所です。
積極的に聞きましょう。

電車(JR)の通勤定期券の割引が受けられます。
東京都の場合、児童扶養手当の世帯に都営のバスの無料乗車券がもらえます。(1世帯に1つ)
税金の優遇制度もあります。(所得税・住民税の軽減) また、所得が125万円以下の場合は住民税が非課税になります。
児童扶養手当と生活保護を受けている母子家庭は、水道料金の減免、粗大ごみの処分手数料が減免されます。
就学資金の援助を受けられる場合もあります。
その他、公営の住宅の入居や公営の保育園の入園などが有利になる場合があります。
固定電話の取り付けや工事費用は分割払いができる場合があります。
医療費についても助成制度があります。
所得の制限がありますが、医療を受けた場合、診察料など医療費の自己負担が助成される場合があります。
健康保険料も支払いが困難と認められれば、減免されます。

これらの補助や助成金制度は、生活していくうえで経済的に厳しい世帯の保護に使われるものですので、預貯金や資産がある場合は受けられません。

不正に申請して制度を悪用するようなことはやめましょう。
本当に困っている人々のためにあるのです。

生活が厳しい時ほど、生活費を把握するためになるべく
きちんと家計簿をつけて節約できるところは、節約して、
補助や助成金などの優遇制度をうまく利用して、少しでも
豊かな生活を目指しましょう。

母子家庭の仕事選びは・・・副業されている方もおおいようですが│ 生活費と節約 │母子家庭のママの上手な節約術

仕事から帰ってきたママと子供 母子家庭の親子
お仕事が見つかるまで自宅でできるお仕事しませんか?
ランサーズ会員募集(無料)

楽天
  • ライブドアブログ