母子家庭シングルマザーの節約生活|生活保護、仕事や住宅等母子家庭の生活保護や手当て、補助金等 ⇒ 母子家庭の医療費助成制度

母子家庭の医療費助成制度

母子家庭や父子家庭には医療費の助成制度があります。医療費の助成を受けるにはその資格を得るために申請をしなければなりません。父子家庭も母子家庭も医療費助成制度の申請をするのには所得制限がありますが、たいてい母子家庭の場合は所得制限にひっかかることはないでしょう。母子家庭ですと18歳未満の子供とその子供を扶養している母親が
医療費の助成に該当します。資格を得ると『福祉医療受給者証』というのがもらえ自己負担はありません。ただし、入院の際の食事代、検診などは含まれません。
役所で助成制度の申請医療費助成申請の仕方ですが市町村の窓口で手続きすることができます。印鑑や国民健康保険証(社会保険証など)、所得証明や住民票など
申請する際に添付しなければならないものもありますので問い合わせてみましょう。

住んでる町以外の病院で診察を受けた場合はあとから領収書などを添付して申請しなくてはなりませんが、住民票をおいてある町の病院であればその場で支払いをしなくても大丈夫です。医療費の助成制度があると少しはラクですよね。

子供が小さいうちは特に病院にかかることも多いでしょうし医療費の助成がなければ結構な出費です。中学生くらいになると「部活で怪我した」とかで病院に行くこともあるでしょうし母子家庭ですとその医療費も大きい出費です。

役所では、離婚届けを出して健康保険の手続きをするときに医療費助成制度のお話をしてくれると思いますのでその場で手続きしておくといいと思います。母子家庭のために優遇されている制度などは申請して少しでも自己負担するものを減らし節約しましょう。母子家庭でなくとも、医療費は大きな負担ですからね。

仕事から帰ってきたママと子供 母子家庭の親子
シングルマザーの転職や就職母子家庭の母親にお勧めの仕事って?
お仕事が見つかるまで自宅でできるお仕事しませんか?
ランサーズ会員募集(無料)

楽天
  • ライブドアブログ